信用情報機関のCICってどんな金融機関なの?

信用情報機関CICは融資審査で金融機関が活用する組織!

私達日本国民の個人信用情報というのは、「信用情報機関」と呼ばれている団体が全て一括して管理をしています。

 

この信用情報機関は、金融機関やローン会社などが融資の審査で活用するため、そして 借り手の過剰債務を未然に防ぐために設立した団体となります。

 

そんな信用情報機関ですが、現在においては、日本に3つの信用情報機関団体が存在しています。

 

「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」となります。

 

これらの信用情報機関というのは、それぞれ独立をしている別団体となりますが、深刻な延滞などの重要情報については、情報交流CRIN(Credit Information Network)と呼ばれているネットワークにより、データベース上で全て共有をしています。

 

CICに加盟をしているのは、主にクレジットカード会社や信販会社、携帯電話会社、そして消費者金融会社などとなります。

 

これら企業以外でも、一部の金融機関などでもCICへ加盟をしています。

 

現在はスマートフォンにおける分割購入が普及してきていることもあり、その背景にCICへの信用情報の登録件数が増加しているとのことです。

 

ちなみにCICでは、インターネットを利用することで自分の信用情報を確認することが出来ます。

 

ご心配でしたらまずは確認してみてはいかがでしょうか?